ENGLISH

ご挨拶

「安定の創出」から「成長の創出」へ

「安定の創出」から「成長の創出」へ

当社グループは、平成28年10月1日をもって持株会社制度を導入し、当社は株式会社ロジコムからLCホールディングス株式会社に商号を変更いたしました。
当社の前身である株式会社ロジコムにおけるサブリース事業とプロパティ・マネジメント事業は、新生『株式会社ロジコム』に移行し、同日に事業をスタートさせております。

約2年前より『安定の創出から、成長の創出へ』というスローガンの下、当社グループではサブリース事業に続く第2の核事業として、不動産ファンド事業に注力して参りました。その発想の根源は、刻々と変化する様々な経済環境に対して、同じ形態を安定的に継続しているだけでは企業としての寿命が果てるのを待つだけである、という危機感でした。当社グループの将来のため、また企業価値向上のために、かなり思い切った舵を取ったと思います。
そしてこの2年間は、各社役職員を始めとする関係各位のご理解、ご協力をいただき、不動産ファンド事業は何とか初期の軌道に乗せることができたと思っております。

今般の持株会社制の導入を機に、今後の更なる成長のため、不動産ファンド事業は次なる重要なステージを迎えることになります。それはファンドで購入した物件の出口戦略です。当社グループが思い描く出口戦略とは、当社グループが組成する上場リート(不動産投資信託)にファンド保有物件を売却することです。その結果、上場リートはより多くの物件を、より安定的に取得することが可能になり、当社グループにおいては、より多くの物件でのフィービジネスの展開が可能になります。また、当社グループの目指すリートは、社会的意義も大きいと確信しております。

最後になりますが、この不透明な経済状況の中、平素より当社グループ事業にご理解、ご協力を賜っておりますステークホルダーの皆様に、深く御礼申し上げるとともに、今後の更なるご指導、ご協力をお願い申し上げます。

平成28年10月1日
LCホールディングス株式会社
代表取締役 本荘 良一